ライフプランニングと資金運用

ライフプランニングと資金運用
ライフプランニングと資金運用の問題集。

問1<
ファイナンシャルプランナーとは顧客のあらゆるデータを集めて、顧客の現状を分析した上で資産拡大という目標を達成するため、ケースによっては専門家の知識を得ながら顧客資産の拡大に尽くす専門家である。

問2<
ファイナンシャルプランナーは顧客のライフプランとライフデザインが目的であり、その過程にはプランニングにおける優先順位を決めるために包括的なアプローチが必要とされる。

問3<
ライフイベント表とは顧客と顧客の家族の将来の希望する計画や予定を、時系列で表したものである。

問4<
国民生活金融公庫の教育ローンには、年金教育資金貸付・郵貯貸付・教育資金一般貸付の3種類があるが、それぞれの融資のときには親の所得制限がある。

問5<
元金均等返済とは元金部分と利息部分を合わせた毎回の返済額が一定の返済方法をいい、元利金等返済とは毎回の返済額のうち元金部分の返済額のみが一定の返済方法のことをいう。

問6<
家族の健康保険の被扶養者となるためには、被保険者の三親等内の親族であり主として被保険者により生計を維持されている必要がある。

問7<
健康保険の任意継続被保険者になると、保険料は全額自己負担となるが給付内容は一般の被保険者より上乗せされる。

問8<
老齢基礎年金の支給開始年齢は、本人が希望することによって66歳以降に繰り下げることもできる。

問9<
原則として遺族厚生年金の年金額は、老齢厚生年金の報酬比例部分の額の2分の1に相当する額の支給となる。

問10<
リタイアメントプランは、将来予測できる退職金や年金、また現在保有している資産をどのように活用しながら老後の資金不足を補うかということが1つのポイントとなってくる。

⇒ 答え合わせ