金融資産運用

金融資産運用
金融資産運用の問題集。

問1<
GDPは国内総生産でありGNPは国民総生産を意味する。GDPには実質GDPと名目GDPとがあり、一般的に経済成長率といえば実質GDPのことをいう。

問2<
日本銀行の金融政策である公開市場操作には売りオペレーションと買いオペレーションとがあり、売りオペは金融緩和(金利低下)、買いオペは金融引締め(金利上昇)とそれぞれ誘導する効果がある。

問3<
財形貯蓄制度は1000円以上1000円単位で給与天引きにより積み立てを行う制度であり、自由業者・自営業者・会社役員・農業専従者などが加入する。

問4<
国内に本店がある銀行はすべて預金保険制度への加入が義務付けられていますが、外国銀行の在日支店・政府系金融機関・国内銀行の海外支店なども加入が義務付けられている。

問5<
債券はいつでも時価で売買できるが、世の中の金利水準の動向次第では購入価格を下回る(元本割れ)こともある。

問6<
債券の発行者が破綻してしまうリスクを信用リスクといい、債券の利息や元本の支払いができなくなったり支払い不能になる危険性のことをいう。

問7<
株式を少額購入する方法に「ミニ株」「るいとう」などがあるが、どちらも指値注文しか認められていない。

問8<
東証株価指数(TOPIX)は時価総額にウエイトを置く加重平均株価で資産価値の増減を表すもので、日経225は連続性が保たれている株価水準の変動を表す修正平均株価である。

問9<
外貨を円に換えるときの為替レートをTTB(対顧客電信買相場)といい、円を外貨に換えるときの為替レートをTTS(対顧客電信売相場)という。

問10<
オプション取引とは満期日までに特定の商品を売る権利や買う権利を売買する取引のことで、売る権利をコール・オプション、買う権利をプット・オプションという。

⇒ 答え合わせ