タックスプランニング

タックスプランニング
タックスプランニングの問題集。

問1<
申告納税方式は国などの課税権者が税金を計算して、その計算された税額を収める方法であり、賦課課税方式は税金を自ら申告して納付するものであり、代表的なもので所得税や法人税などがある。

問2<
金銭信託や貸付信託などの合同運用信託の収益金分配は利子所得になる。

問3<
保管責任を問わない駐車場の貸付や、ネオンサイン設置使用料は不動産所得になる。

問4<
農業や漁業からの所得は事業所得となるが、作家や漫画家など自由業の所得は雑所得となる。

問5<
総合譲渡所得は、譲渡時における保有期間が5年以上の場合だと総合長期譲渡所得、保有期間が5年以内の場合だと総合短期譲渡所得となる。

問6<
宝くじによる当選金は一時所得であるが、租税特別措置法の規定により非課税とされている。

問7<
治療のためのマッサージ・灸・はり、などの費用は医療費控除の対象となるが、疲労回復のためのクイックマッサージなどによる対価も対象となる。

問8<
サラリーマンであっても給与などの年収が2000万円を超えている場合には確定申告が必要となる。さらに給与・退職所得以外の所得が20万円を超えている人も確定申告が必要である。

問9<
店舗兼併用住宅であっても、床面積の2分の1以上が専ら自己の居住の用に供されていれば、住宅ローン控除の適用を受けることができる。

問10<
国内取引や輸入取引は消費税の課税対象となるが、輸出取引にかんしては免税取引となっている。

⇒ 答え合わせ