自動車保険の商品

自動車保険の商品
自動車保険の商品。

【自賠責保険(じばいせきほけん)】

これは強制加入であり、すべての自動車と原動機付自転車に付ける保険です。その目的は自動車事故による被害者の救済と、加害者の賠償能力の確保となっています。 その保険金の支払い限度額は、死亡事故1人につき3000万円、傷害事故1人につき120万円となっており、1事故あたりの限度額はありません。

【車両保険(しゃりょうほけん)】

自動車保険の任意保険の1つで、車両が偶然の事故(衝突・接触・爆発・火災・盗難・台風など)により被害を被った場合に保険金が支払われます。なお津波や地震による損害は特約を付けなければ補償されません。

【一般自動車保険(いっぱんじどうしゃほけん)】

自動車保険の任意保険の1つで、車両保険・対人賠償保険・対物賠償保険を単独で付けられるという特徴があります。

【自家用自動車総合保険(じかようじどうしゃそうごうほけん)】

自家用自動車総合保険(SAP)は自動車保険の任意保険商品で、自損事故保険・搭乗者傷害保険・対人賠償保険・対物賠償保険・無保険者傷害保険・車両保険の6種類がセットになった保険です。

【自動車総合保険(じどうしゃそうごうほけん)】

自動車総合保険(PAP)は自動車保険の任意保険の1つで、自損事故保険・対人賠償保険・対物賠償保険・無保険者傷害保険・搭乗者傷害保険の5種類がセットになった保険です。

【自損事故保険(じそんじこほけん)】

これも自動車保険の任意保険の1つで、自賠責保険などでは補償されない事故で、運転者・所有者・他の搭乗者のケガや死亡に対して保険金が支払われる保険です。 なお、運転者の飲酒運転や無免許運転、自殺などのケースでは保険金は支払われません。

【対人賠償保険(たいじんばいしょうほけん)】

自賠責保険の支払い限度額を超える部分が支払われる保険。被害者が複数いる場合は支払い限度内でそれぞれに支払われます。なお対人賠償保険は無免許運転や飲酒運転でも保険金の支払いを受けることができます。

【対物賠償保険(たいぶつばいしょうほけん)】

自動車事故を起こして他人の所有物などを壊して損害賠償責任を被ってしまった場合、その損害に対して保険金が支払われます。こちらも無免許運転と飲酒運転の場合でも保険金を受け取ることができますが、被害者が父母などの親族である場合だと支払われません。

【搭乗者傷害保険(とうじょうしゃしょうがいほけん)】

自動車保険の任意保険の1つで、運転者や同乗者など自動車に搭乗している物が事故によりケガ・死亡・障害を負った場合に保険金が支払われるというものです。

【無保険者傷害保険(むほけんしゃしょうがいほけん)】

対人賠償保険のついていない自動車との事故で、被保険者が後遺障害もしくは死亡した場合に保険金が支払われるものです。これは被保険者だけでなく配偶者や同居親族も保険の対象となります。