金融・取引の基礎用語

金融・取引の基礎用語
金融・取引の基礎用語。

【固定金利商品(こていきんりしょうひん)】

預入から満期までの金利がそのまま適用される商品で、預貯金だけでなく公社債にも多く適用されています。高金利の局面では有利ですが、低金利の局面では不利となってしまいます。

【オプション取引】

オプション取引とはデリバティブ取引の1つで、特定の商品を予め決められた期日までに、そのときの市場価格に関係なく予め決められた価格で、買い付けもしくは売りつける権利のことを言います。

【スワップ取引】

デリバティブ取引の1つで、異なる通貨の債務を交換する通貨スワップと、異なる種類の金利を交換する金利スワップとがあります。金利スワップとは変動金利と固定金利の交換であり、通貨スワップは為替リスクの回避・軽減に利用されています。

【デリバティブ(派生商品)】

デリバティブとは、債券や株式などの原資産かた派生した商品のことです。ちなみに派生とは源となる物や事柄から分かれて生ずることを意味します。

【ポートフォリオ】

公社債・投資信託・株式・金融商品など具体的な銘柄や商品に落とし込んだもののことで、銘柄分散とも呼ばれています。つまり特徴の異なる金融商品を組み合わせることで資産全体をリスクを分散するということ。

【アセット・アロケーション】

株式・債券・短期金融商品などを資産レベルで配分することを言い、または資産分散とも呼んでいます。