税金の種類

税金の種類
税金の種類。

【国税(こくぜい)】

国が課税する税金で、直接税と間接税に区分されています。

【直接税(ちょくせつぜい)】

納税義務者と税金を負担する人が同じである税金を言い、所得税・法人税・相続税・贈与税などがあります。

【間接税(かんせつぜい)】

納税義務者と税金を負担する人が異なる税金を言い、消費税・酒税・たばこ税・石油税・印紙税・登録免許税・自動車重量税などがあります。

【地方税(ちほうぜい)】

道府県や市町村などの地方公共団体が課税する税金で、道府県税と市町村税に区分されています。

【道府県税(どうふけんぜい)】

道府県民税・事業税・不動産所得税・地方消費税・自動車税・自動車所得税などがあります。

【市町村税(しちょうそんぜい)】

市町村民税・固定資産税・軽自動車税・事業所税・都市計画税などがあります。

【住民税(じゅうみんぜい)】

道府県民税と市町村民税を合わせて住民税と言います。