所得控除の種類

所得控除の種類
所得控除の種類。

【医療費控除(いりょうひこうじょ)】

自己もしくは生計を一にする親族に対して医療費を支払ったとき、一定の金額を所得控除できます。ただしその年に実際に支払った金額が対象となります。

【社会保険料控除(しゃかいほけんりょうこうじょ)】

自己もしくは生計を一にする親族に対して社会保険料を支払ったときに受けることができる所得控除です。例えば健区保険の保険料や国民年金の保険料などです。

【生命保険料控除(せいめいほけんりょうこうじょ)】

自己もしくは親族を受取人として生命保険料を支払ったときに所得控除が受けられます。支払った保険料により異なりますが、最高で10万円が控除できます。

【損害保険料控除(そんがいほけんりょうこうじょ)】

自己もしくは生計を一にする親族が所有している家財や住宅、自己もしくは生計を一にする親族の体の障害などの保険目的とする損害保険料を支払ったときに受けられる所得控除です。 控除額は短期損害保険料で最高3000円、長期損害保険料で15000円が控除できます。

【障害者控除(しょうがいしゃこうじょ)】

自己や扶養家族もしくは控除対象配偶者が障害者である場合に受けられる所得控除です。その控除できる金額は27万円で、特別障害者に対しては40万円が控除できます。

【配偶者控除(はいぐうしゃこうじょ)】

控除対象配偶者を有している場合に受けられる所得控除です。控除できる金額は38万円で、同居特別障害者に該当すれば38万円に35万円が加算されます。

【扶養控除(ふようこうじょ)】

扶養親族がいる場合に受けられる所得控除です。控除額は扶養親族1人につき38万円、特定扶養親族が63万円の控除が受けられます。

【老年者控除(ろうねんしゃこうじょ)】

自己が老年である場合に受けられる所得控除です。控除額は50万円となっています。

【雑損控除(ざっそんこうじょ)】

自己もしくは生計を一にする親族でかつ課税標準の合計額の38万円以下であるものが有している家財や住宅の資産について、盗難・火災などによる損害が生じたときに受けられる所得控除です。

【寄付金控除(きふきんこうじょ)】

寄付金を支払ったときに受けられる所得控除です。控除できる金額は支払った寄付金の金額から1万円を引いた金額です。

【基礎控除(きそこうじょ)】

誰でも受けることができる所得控除で、控除額は38万円です。

【勤労学生控除(きんろうがくせいこうじょ)】

自らが勤労学生である場合に受けられる所得控除です。控除額は27万円ですが、勤労によらない所得が10万円以下で、合計所得金額が65万円以下である必要があります。