権利の基礎用語

権利の基礎用語
権利の基礎用語。

【物権(ぶっけん)】

物を直接的に支配する権利のことで、いわば最も強い権利だと言えます。主な権利の種類として所有権・占有権・地上権・質権・抵当権・入会権・永小作権・留置権などがあります。

【債権(さいけん)】

特定の人が特定の人に、財産上の弁済などを要求できる権利のことで、賃借権などがあります。

【所有権(しょゆうけん)】

その所有物を自由に使用・処分することができる権利。土地の所有権であればその土地の上下に及びます。

【抵当権(ていとうけん)】

抵当権者と抵当権設定権者との間に成立する契約のことで、抵当権者はその抵当権設定権者から担保として提供された不動産を、他の債権者より優先して弁済を受けることができる権利。

【根抵当権(こんていとうけん)】

手形や小切手など商取引の決済用として利用する抵当権の1つで、その特徴は借入限度額を設定して、限度額内であれば何度でも借入ができるというものです。いわば抵当権よりも強い権利と言えます。

【用役物権(ようやくぶっけん)】

他人が所有する土地を一定の割合で直接利用できる権利のことで、地上権・地役権・入会権・永小作権などがそれにあたります。

【担保物権(たんぽぶっけん)】

債権を担保にするための物権のことで、抵当権・質権・先取特権・留置権などがそれにあたります。

【借地権(しゃくちけん)】

借地権には債権である土地賃借権と物権である地上権とがあります。その違いは土地賃借権は権利の転貸や譲渡に地主の承諾が必要なのに対して、地上権は自らが自由に出切るという特徴があります。

【定期借地権(ていきしゃくちけん)】

従来の借地法では借地期間が満了しても、その建物が借地の上に存在している限り正当事由がなければ借地権の更新は拒めませんでした。定期借地権というものは一定の期間の借地期間が満了すれば土地所有者に返還されるというものです。

【借家権(しゃくやけん)】

借家権(建物賃借権)とは借地借家法の適用を受ける建物の賃借権のことを言います。また旧法・新法問わずに適用され、さらに建物の用途も特に限定されていません。