相続の基礎用語

相続の基礎用語
相続の基礎用語。

【相続(ぞうぞく)】

相続とは死亡した人のすべての権利と義務を承継することです。相続でいう権利とは資産のことであり、義務とは負債のことを指します。

【法定相続人(ほうていそうぞくにん)】

相続の放棄・欠格・廃除などがない法律上の相続人のことで、配偶者・子・兄弟姉妹に限られます。そして実際に相続する人を相続人と呼び、法定相続人とは異なるので注意が必要です。

【嫡出子・非嫡出子(ちゃくしゅつし・ひちゃくしゅつし)】

法的に有効である婚姻関係の夫婦から生まれた子供のことです。非嫡出子とは内縁の妻の子、つまり愛人の間柄に生まれた子供ということになります。

【尊属・卑属(そんぞく・ひぞく)】

尊属とは父母・祖父母・曾祖父母など自分より目上の人をいいます。卑属とは子・孫・曾孫などをいいます。

【代襲相続(だいしゅうそうぞく)】

子が相続開始よりも前に死亡もしくは相続権を失っているときに、直系卑属(代襲者)は相続人になることを代襲相続と言います。代襲とはその人に代わって引き継ぐことです。

【相続欠格(そうぞくけっかく)】

被相続人の遺言を不法行為などの非行をして妨害した場合、その非行をした人は手続きなしで相続権を失います。これを相続欠格と呼んでいます。

【単純承認(たんじゅんしょうにん)】

被相続人の権利と義務を無制限にすべて承継することです。相続人は相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に限定承認もしくは相続の放棄を行わないと、自動的に単純承認となってしまいます。

【限定承認(げんていしょうにん)】

相続によって得た財産のうち、被相続人の債務を弁済すべきことを留保して承認することです。つまり借金は相続しないということでもあります。

【相続放棄(そうぞくほうき)】

被相続人の財産にかかわる権利と義務の承継を拒否することで、相続放棄を行うと初めから相続人でないとみなします。

【遺贈(いぞう)】

相続人以外の者が遺言により財産を取得すること。