遺産分割と遺言

遺産分割と遺言
遺産分割と遺言。

【遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)】

相続人が取得するべき財産を証拠として残すものです。相続人全員の拇印と著名が必要で、財産処分や登記に必要となります。

【遺産指定分割(いさんしていぶんかつ)】

遺産の分け方の1つで、相続財産を被相続人が遺言などで指定すること。また遺産の1部についてだけ分割することもできます。

【遺産協議分割(いさんきょうぎぶんかつ)】

遺産の分け方の1つで、相続財産を相続人全員の協議により決定するもの。また遺産の1部についてだけでも分割することもできます。

【遺言(ゆいごん)】

相続人同士の争いを防いだり、相続人以外の者に財産を与えるなどの目的で、相手側の承諾を関係なく遺言者の死亡によって効果を生ずるものです。

【公正証書遺言(こうせいしょうしょゆいごん)】

本人が口述して公証人が作成する遺言書で、費用と手間がかかるが遺言の改ざんや紛失が起こらないというメリットがあります。家庭裁判所の検認も不要です。

【自筆証書遺言(じひつしょうしょゆいごん)】

ワープロやテープ不可の、本人がすべて作成して押印した遺言書です。簡単に作成できるが、改ざんや紛失の可能性も。また自分の字で書けないと不可となります。

【秘密証書遺言(ひみつしょうしょゆいごん)】

ワープロ書きや代筆も有効で、本人がすべて書き押印した遺言書です。改ざんできないというメリットもあるが、手続きが面倒で紛失の可能性もあります。

【遺留分(いりゅうぶん)】

相続人の生活安定の保護のために、相続人のために残しておく必要最低限の財産の割合のこと。また遺留分は被相続人の生前に意思表示を行うこともできます。