ファイナンシャルプランナー試験まで残り35日

ファイナンシャルプランナー試験まで残り35日
試験まで残り35日。

私もついに25歳になりました。が、そんなことは関係もなく忙しい日々を送っております。スタッフからはおめでとうの言葉がありちょっと嬉しかったです。
ところで今だに分からないことは、クリスマスは何となく理解できるのですが、クリスマスイブの意味が分かりません。誰か知っている人がいれば教えてください・・。

普通に誕生日も過ぎていって、いつも通りの勉強が始まります。さて、株式や為替は誰しも聞いたことがある言葉だとは思いますが、債券というものは知っていますか??
債権でなく債券です。これは私も初めて知ったのですが、どうやら1種の借用証書みたいなもののようです。よく考えると国債なども債券なので、以外にも身近に存在しているものかもしれませんね。
債券は私の解釈では、時価で自由に売買できるものなので株とあまり相違ないと考えています。同じ紙切れだし、そのときの時価しだいでは株の売買と同様に損をすることもあるからです。

債券の利率計算がややこしい!!

またこの債券の利率計算がややこしい!! 新規に発行された債券を購入して償還(満期)まで所有していたときの年平均利回りを「応募者利回り」。既に発行されている債券を購入して償還(満期)まで所有していたときの年平均利回りを「最終利回り」。新規に発行された債券や既に出回っている債券を購入して途中で売却したときの年平均利回りを「所有期間利回り」と言います。
私は当サイトを作成する以前にFP技能士3級(ファイナンシャルプランナー)3級に合格しているので分かりますが、この債券の利回り計算はとても重要で、試験での出題範囲もかなり高くなっていると思います。
ちょっと複雑な計算式になりますが、その形を覚えてしまえば大丈夫。学科と実技どちらにも出題されるかもしれませんから、必ず債券の利回り計算はできるようにしておいてください。

私は初めて債券の利回り計算をみたときはすぐにページを飛ばしました。だってすべてを理解する必要がないと思ってましたから。 でも何となく勘ですが、ここは臭いとよみました。必ず試験に出ると。そんなことを思う自分の誕生日はどんな誕生日やねん!!という感じですが。

今日の勉強時間2時間