不動産

不動産の基礎用語

不動産の基礎用語。

【瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)】

売買の目的物に隠れた瑕疵(キズ)があった場合に売主が負う責任のことです。買主は目的物に瑕疵があるために目的を達成できない場合には契約を解除することができ、

不動産

契約と手付

契約と手付。

【一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)】

不動産の売買・交換・賃貸などについて複数の仲介業者に媒介をし、さらに相手先を自己発見取引ができる契約のことを言います。この契約について業者は契約者に報告義

不動産

価格と税金

価格と税金。

【公示価格(こうじかかく)】

毎年1月1日を基準日に国土交通省が決定するもので、一般の土地の取引価格の公共事業用地取得の補償や指標の基準となります。公示価格は毎年3月には国土交通省のホームページなどで

不動産

関連法規

関連法規。

【都市計画法(としけいかくほう)】

都市計画法は、都市の健全な発展と秩序のある整備を図って、国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄付することを目的として定めた法律です。 都市計画法では、「都市計画制限

不動産

権利の基礎用語

権利の基礎用語。

【物権(ぶっけん)】

物を直接的に支配する権利のことで、いわば最も強い権利だと言えます。主な権利の種類として所有権・占有権・地上権・質権・抵当権・入会権・永小作権・留置権などがあります。